トラウマがフラッシュバックする!夢との関係が対処法の秘訣

Pocket

トラウマがフラッシュバックする。

そんな体験をした人がいるなら、おそらくそれは大変な経験にだったはず。

 

フラッシュバック自体は病気ではなく、普通の健康的な人でも起こることですが、耐えきれない記憶が舞い戻ってくるのは辛いこと

そんなフラッシュバックの対処法のポイントは、じつは、夢との関係にあったのです。

 

トラウマがフラッシュバックする辛い体験

心的外傷、つまり心に傷を負わされた人が持つトラウマ的な体験が突然再び心の中現れるフラッシュバック。

せっかく無意識の中に閉じ込めた辛い体験なのに、なぜ、また意識に上ってくるのか

 

いつまでも、無意識の中に閉じ込めておくことができたなら、忘れることができるのに。

辛い体験ほど、いつまで記憶に残りその出来事を再現してしまう。

 

心の傷が深いほどその出来事がこころに刻み込まれてしまい、いつまでもとらわれたままになってしまう。

そんなトラウマが生み出すフラッシュバック、実は、夢との関係が大きなポイントであり、対処法の秘訣なのです。

参考:フラッシュバックで眠れない!嫌な記憶を消す技術とは

 

トラウマとは

トラウマとは、心的外傷のこと。命にかかわるような体験や性暴力などの経験が、いつまでも心の中に傷として残っている状態です。

人は、つらい体験があると、その記憶は心の奥底、無意識の中に沈められます。

 

無意識とは、普段は意識されない意識のことで思い出そうとした時や連想することに触れた時によみがえる記憶をしまっておく空間

トラウマ的な記憶は、意識に上った状態でそのことを考え続けていると心が壊れてしまうので、普段は意識しなくて済む無意識の中にしまい込まれるということ。

 

ですが、無意識の中とはいえ、とても影響力があるのがトラウマ。

トラウマは無意識の中へ隔離されていても、意識に上ってくることを求め続け滲みだすように意識に上ってくるのです。

 

ちょうど、コップに水を注ぎ続けるとたまった水があふれだすように、トラウマが無意識からあふれ出して意識に上ってくるということ。

トラウマは意識しなくても無意識から滲み出して、その人の考え方や行動などあらゆるところに影響を与えようとし始めるのです。

参考:フラッシュバックの意味とは!心が耐えられない時に起きる心理現象

 

フラッシュバックとは

このように無意識に沈められた記憶はすきをうかがいながら、チャンスがあればが出てこようとする習性があります。

この出てこようとするエネルギーは記憶が衝撃的であればあるほど大きいという事実。

 

つまり、トラウマが強烈であればあるほど、心の中にあるコップに溜まる水の速度が速すぎる。

だから、ゆっくりと滲み出すように考え方や行動に影響を与えるだけではなく、大雨が降った後の土石流のような勢いで無意識から出てきて、目の前に現れるのです。

 

これがフラッシュバック。

耐えきれなくなったトラウマチックな出来事が一気にあふれ出して、まるで昔に経験した時のそのままの状態で目の前に現れるのがフラッシュバックです。

 

フラッシュバックは、目に映る映像も、聞こえてくる喧噪や話し声も、熱さや寒さ、痛みやかゆみ、口の中に感じる血の味までも再現する現象。

それも、自分の意識に反して、突然に目の前に昔の経験が現れるのです。

 

無意識に奥に沈められた記憶ですが、心の中に抱え続けることが辛いというエネルギーが大きすぎるがゆえに無意識にとどめ置けなくなる。

だから、無意識という器では耐えきれなくてあふれ出し、フラッシュバックとなって、怒涛の如く目の前に現れてしまうのです。

参考:嫌なことばかり思い出す原因とは!フラッシュバックの原因を徹底究明

 

フラッシュバックと夢との関係が対処法の秘訣

無意識にため込むことができなくなってトラウマがあふれだすフラッシュバックですが、最初のうちは、無意識の器が耐えているのでフラッシュバックは起こりません。

その時、無意識としては、トラウマを抱えることで生じるストレスを解消するため、寝ている時に見る夢を利用して意識に現れます。

 

そうやって、夢は無意識の中の心の器を空っぽにする作業を行っているということ。

つまり、夢はトラウマを持つことで生まれるストレスというエネルギーを排出するための安全弁であり、夢はフラッシュバックの対処法

 

心が崩壊しないように、ストレスを解消する方法が夢なのです。

この夢でのストレス発散でも解消の速度がストレスのたまる速度に追い付けなかった時にフラッシュバックとして意識に現れるということ。

 

つまり、夢でトラウマを抱えるストレスを解消できているうちは、フラッシュバックは起こりにくいということ。

トラウマを抱えている時は、妙に神経が高ぶり眠りにつくことが難しくなりがち。

 

ですが、眠って夢を見ることで、ストレスを解消することができるのも事実。

だから、フラッシュバックが起こるような精神が追い詰められている時こそ、心を許せる人と話せる人間関係、安心できる場所、リラックスできる環境が大切。

 

心が落ち着くことで眠ることができ、夢を見ることでストレスを解消することができる。

無意識の中にしまい込まれたトラウマを解消するには、少しずつ無意識の中から表に出してくることでそのトラウマの根源的な部分について自分で意識的に認めることができた時、トラウマがトラウマでなくなり、単なる過去の記憶へと変化するのです。

参考:嫌な記憶がフラッシュバック!泣くほど辛い時の対処法とは

 

まとめ

以上、「トラウマがフラッシュバックする!夢との関係が対処法の秘訣」について、神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアがお伝えしました。

トラウマはトラウマだと思っている限り、ストレスの発生源となり続けるということ。

 

トラウマが単なる過去の出来事の記憶としてトラウマでなくなった時、そのトラウマから解放されるということなのです。

フラッシュバックは夢を見ることで代償作用が生じストレスが解消される。そしてトラウマを単なる昔の出来事に変えてくれるのです。

参考:フラッシュバックは病気なのか?その症状と診断方法を徹底解説!

Pocket

相談者を魅了する心理カウンセラーになるには

「心理療法なんて宗教みたい」と笑われた。
でも、心理カウンセリングを受けてみると・・・

ブログランキング参加中。

あなたの一票がこの記事を拡散させる原動力に!
下のリンクボタンをクリックして、
正しい心理学の知識を多くの人へ伝えませんか?
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です