催眠体験ができるヒプノセラピーは、なぜ人気がでるのか。

Pocket

こんにちは。

催眠を心理学で科学する「催眠心理学」

神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアです。

 

さて、ヒプノセラピーは催眠を使う心理カウンセリングなので催眠体験ができます。

そして、ヒプノセラピーを受けてみたいと思う人は後を絶ちません。

 

催眠術を駆使するヒプノセラピーは、なぜ人気がでるのでしょうか。

そして、その秘密はどこにあるのでしょうか。

 

ヒプノセラピーで使う催眠術とは

催眠術とは言葉を使って相手の深層心理に語り掛けるテクニック。

ヒプノセラピーはそんな催眠術を使って、こころの中にたまっている澱を癒していきます。

 

ヒプノセラピーは、催眠療法ともいわれ、催眠術を使うことが基本的なアプローチのスタイル。

催眠はあなたの意識の壁を低くして、潜在意識である無意識に語りかける手法。

 

無意識とは、あなたの記憶や考え方の源泉となっているもの。

だから、その無意識に語りかける催眠を使ったヒプノセラピーは、一般的な心理カウンセリングのように意識の中にあなたの本音を引き出す作業がありません。

 

普通の心理カウンセリングでも、あなたのこころの中の問題とその原因を導き出し、気付きを生み出しますが、ヒプノセラピーも同じなのです。

また、催眠術は怪しいと思われることもあります。

 

ですが、実は、あなたもいつもの生活の中で、催眠を体験しているのです。

なぜなら、催眠は意識レベルの低下による無意識とのコンタクトだから。

 

例えば、電車に乗っている時にボーっとしていると、考えがいろいろと広がっていきますよね。

仕事のことや学校のこと、家での出来事や友達とのやり取りなどが思い出され、其のことについて考えることがあるでしょう。

 

あなたは、この時、自分の世界に入って、周りのことがあまり見えていない状態になるはず。

考え事に集中し、想いにふけっていると、電車の駅がわからずに乗り過ごしたり、今どこを走っているかもわからなくなったりしますよね。

 

現実的には、周りを見ているし、音も聞こえるはず。

だからあなたの乗っている電車がどこを走っているかわかっているはずなのに、考え事をしているとそれがわからなくなることがあります。

 

実は、この状態が催眠状態であり、催眠で誘発されているトランス状態。

あなたが自分の想いや考えなど、あなた自身の心の中に集中し、没頭し、ひたすら夢中になることが催眠状態です。

 

だから電車に乗っている時だけでなく、映画やテレビを見ている時もそうですし、本を読んでいる時も催眠状態。

映画を見た後、主人公になり切ってしまうのは、映画という催眠術にかかったまま、まだ解けていない状態なのです。

 

催眠体験ができるヒプノセラピー

ヒプノセラピーは、催眠状態を利用する心理カウンセリングなので、催眠術を使います。

だから、ヒプノセラピーを受けることによって、催眠体験ができるのです。

 

催眠状態に入るための催眠術にはいろいろな方法がありますので、あなたに合った催眠を使うことになります。

一般的には、リラックスすることによって催眠に入る方法を利用します。

 

なぜなら、緊張したまま催眠状態に入るより、リラックスすることによって、催眠状態に入ったほうがあなたのこころの休憩にもなるから。

セラピーの回を重ねてヒプノセラピストとあなたの関係が深まり、慣れてくるともっと早く催眠状態に入る方法も使われます。

 

ここで、あなたに伝えておきたいことがあります。

それは、ヒプノセラピーで使われる催眠は、あなたが主役であるということ。

 

電車の降りる駅が近くなったら、考え事をやめることができるように、ヒプノセラピーもいつでもあなたの気持ち次第で我に返ることができます。

また、より深く、自分のこころの中に入りたいと思えば、ドンドン遠く深くまで入っていくことができます。

 

ヒプノセラピーでのセラピストの役割は、あくまでもあなたのこころの旅のナビゲーター。

セラピストは水先案内人であり、ヒプノセラピーでの主役はあなたなのです。

 

ヒプノセラピーが人気である秘密

さて、このように催眠術を使ってあなたの深層心理の中にたまっているものを解きほぐすセラピーが、ヒプノセラピー

こんなヒプノセラピーが人気になるには次のような秘密があるから。

 

それでは、次に、ヒプノセラピーが人気である秘密についてお話していきましょう。

 

こころの問題を解きほぐす心理カウンセリング

ヒプノセラピーは、催眠術を使いますが、このあなたの無意識に触れるための基本的な手法は心理カウンセリングのテクニックが用いられます。

8フレームアウトカムによる暗示や、イメージを使う方法、そしてあなたの記憶をたどる退行系の催眠です。

 

これらはすべて、あなたの無意識に触れていく作業であって、他の心理カウンセリングでも行うことであり、ヒプノセラピーに限ったことではありません。

ヒプノセラピーは催眠を使って、直接的にあなたの無意識に触れていく手法なだけ。

 

あなたのこころの中を一緒に旅をする作業がヒプノセラピーであり、催眠療法。

だからこそ、あなたが主役であり、あなたがコントロールの主導権を握っているのです。

 

そして、あなたのこころの中から沸き起こるイメージを、あなたの想うように変えることができる。

だからこそ、ヒプノセラピー、催眠療法があなたのこころを解きほぐすことができるのです。

 

大きなリラックス効果

催眠にはいる時、リラックスすることによって深い催眠であるトランス状態に導かれます。

その究極のリラックスした状態がトランス状態であり催眠状態ですので、催眠状態になると、今まで味わったことのない解放感とともに、素晴らしいリラックスがあなたのもとへ訪れます。

 

つまり、催眠状態は最高にリラックスした状態であって、肉体的にも精神的にも緩んだ状態。

あなたの全体を緩ませることで、無意識への壁を小さくして潜在意識に接触していきます。

 

どういうことかというと、あなたの思考をより深いところに導くために、ヒプノセラピーで用いられる手法が、リラックスできる催眠。

だから、心理カウンセリングの効果もあるのが催眠療法であり、あなたのこころをデトックスすることもできるのがヒプノセラピーなのです。

(関連記事:ヒプノセラピー(催眠療法)とは

 

まとめ

以上、「催眠体験ができるヒプノセラピーは、なぜ人気がでるのか。」についてお伝えしてきました。

一般的な心理カウンセリングだとどうしてもあなたのこころの鎧がこころの奥にあるわだかまりを隠してしまい見つけることが難しい。

 

でも、ヒプノセラピーは、究極のリラックスで身体を癒すとともに、こころの中もイメージ療法や暗示療法で癒していく。

だから、催眠の体験ができるヒプノセラピーは、人気が出るのだ、といえるのです。

(関連記事:催眠術のかけ方は簡単?催眠にかかりやすい人、かかりにくい人

Pocket

ブログランキング参加中。この記事が良かったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

アンケートにご協力お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です