時間を退行する催眠療法とは、逃げたい・消えたい・死にたい時の対処法

Pocket

こんにちは。

催眠を心理学で科学する「催眠心理学」

神戸ヒプノセラピー、催眠療法ベレッツアです。

 

  • この世から消えたい。
  • 死んでしまいたい。
  • 目覚めることなく永遠に眠りたい。
  • どこか遠くへ行ってしまいたい。
  • 存在を消してしまいたい。

今の世の中、誰でも、ちょっとしたことがきっかけでふさぎ込むことがあるでしょう。

もしかすると、あなたもこのような気持ちになることを経験してしまうかもしれません。

 

こんな気持ちになってしまったら、なかなかその落ち込みから抜け出せなくて、症状が進むと、ときには、実際に自殺に至ることも

そんな希死念慮へ対抗できる方法が、時間を退行する催眠療法。

 

あなたに憑りついて離れなくなった希死念慮を振り払う退行催眠療法とは、いったいどのようなものなのか。

そして、なぜ、退行系の催眠療法は希死念慮の鎖をほどくことができるでしょうか

(関連記事:心理カウンセリングやセラピーと心療内科(病院)との違いとは

 

逃げたい・消えたい・死にたい気持ち「希死念慮」とは

希死念慮とは、自分自身の死を願う気持ち

その希死念慮の程度には強弱があり、眠り続けたい、消えてしまいたいという消極的な心理状態から、死にたいという、自殺願望、自殺念慮まで幅広いものです。

 

特に、大事にしていたものを処分したり、自殺の名所など自殺にふさわしいところに下見に行ったりと、自死への準備を進めることが散見されるようになります。

自死を決意した人は、精神的に健康な人とは違う行動をとりやすく、身の回りを綺麗にしたり、片付けたりする行動をとります。

 

また、一度でも、自殺しようとした自殺未遂の人は、自殺行動を繰り返し、10人に1人は結局自殺によって命を失うのです。

睡眠薬を少し余分に飲むとか、軽くリストカットを繰り返すなど、自傷行為をやめられずに繰り返す人も、自殺の危険性が高いとされています。

 

このように、希死念慮に取りつかれていると、自分の中でも知らず知らずのうちに「死にたい」という気持ちが高まっていき、コントロールできなくなっていくことが多い。

とはいえ、希死念慮も24時間ずっとその想いに取りつかれっ放しということはほぼなく、希死念慮の中にいる自分を客観的に見ることができる瞬間もあります。

 

だから、「希死念慮」に憑りつかれたとわかった時に、対応すれば、取り返しのつかないことになる前に防ぐことができるのです。

それでは、その希死念慮の暴走を防ぐ方法を見ていくことにしましょう。

(関連記事:最古参「ヒプノセラピー(催眠療法)」と最先端「認知行動療法」の共通点とは

 

希死念慮の鎖をほどく方法

希死念慮に憑りつかれている時にその鎖をほどき、その死にたい・消えたいという想いの暴走を抑える方法があります。

その方法とは、まず、希死念慮に憑りつかれていることをはっきり自覚すること

 

希死念慮に憑りつかれると、無性に気持ちが焦ったり、頭の中が混乱したりします。

また、死にたいとか、消えたいとか、眠り続けたいなどということに考えが集中しがち。

 

そんな時は、希死念慮を信頼できる相手に打ち明けましょう

そうすることで、希死念慮がまとわりついた思考を「死にたい」という気持ちごとどっさりと降ろすことができるのです。

 

 

信頼できる人に話すことによって、自分の混乱した思考が筋道立てて考えられるようになり、健康な思考が現れてきます。

まともな、思考をすることで、落ち着きを取り戻し、健康な精神へと戻すことができるのです。

(関連記事:いつか死ぬと思うと怖い。死ぬのが怖い、とパニックになる理由とは

 

なぜ、時間をさかのぼることで希死念慮の鎖がほどけるのか

希死念慮は現在での気持ちですが、その希死念慮が生まれる原因となったのは、あなたの過去。

だから、希死念慮の固い鎖もほどけるようになるには、あなたの過ごしてきた時間をさかのぼって、その気持ちの原因を癒すことが必要なのです。

 

希死念慮が生じた原因は、あなたのこころの中に、そして、あなたの過去にあります。

学校でいじめられたこと、会社でバカにされたこと、先輩に認めてもらえないこと、成績が思ったように伸びないこと・・などといったあなたが起こったと信じている過去の現実に希死念慮が生まれる原因があるのです。

 

そして、その原因がなぜ、希死念慮に結びつき、希死念慮を増大させたのかは、あなたしか知らない

そんな原因は、あなたも、思い出したくない過去だから、心の奥底に封印し、普段は意識に現れることはありません。

 

だから、心理臨床、心理カウンセリング、が必要なのです。

その中でも、押し込められ抑圧された思い出したくない過去に直接触れることができる方法が催眠療法。

 

その中でも時間を退行する退行系の催眠療法は、この状況にとても符合した適切な心理カウンセリングであり、ヒプノセラピーであり、催眠療法なのです。

なぜなら、催眠療法の中でも、時間をさかのぼって、小さい時の記憶や前世での記憶に接することができるから。

 

だから、時間をさかのぼって希死念慮の原因を見つけることができる時間を退行する催眠療法が最適

そんな、退行系の催眠療法についてみていきましょう。

(関連記事:ヒプノセラピーの効果とは!催眠術を使った心理カウンセリングの方法

 

時間を退行する催眠療法

時間を退行することができる退行系の催眠療法は、あなたの年齢をさかのぼり、子供のころまで戻ることができます

この退行系の催眠療法では、希死念慮の原因となる出来事のその瞬間に存在することができるので、その原因をはっきりと知ることができる。

 

そして、その原因について、死にたいという希死念慮との結びつきをほどき、もっと連想するのに相応しい記憶と結びつけるのです。

退行系の催眠療法は、子供の時のあなた出会い、そして原因をつかみ、さらに、希死念慮の原因となった記憶に対して癒しを与えていく。

 

退行系催眠療法で現在のあなたに気付きを与え、症状を改善することができる。

だから、退行催眠療法は、簡単で効果が大きく、結果に結びつくのです。

(関連記事:心が身体をコントロールする「実行機能」の真実

 

退行催眠療法からさらに対抗すると前世療法

退行催眠療法は、自分の生まれる前後くらいまでの退行を行います。

ですが、あなたのこころに生じている希死念慮の原因がそれよりも前であったらどうするのか。

 

それは、前世療法という自分が生まれる前にさかのぼる退行系の催眠療法を行います。

この前世療法とは、ブライアン・L・ワイス博士が作り出した退行系の催眠療法の一つで、前世の記憶にさかのぼってその心の原因にアプローチしようという催眠療法。

 

ここでいう、前世療法でアプローチしようというあなたの前世は、「あなたの無意識が前世だと思っている記憶」にアプローチするということ。

だから、前世療法で見る前世が本当にあなたの前世であるかどうかは問題ではありません。

 

前世療法で見ることができた記憶を、あなたの無意識が前世からの記憶として感じていれば、それで十分。その前世だと思っている記憶に触れることで、健康な精神状態へ導くことができるのんです。

無意識があなたの性格や思考の基礎を作り上げているからこそ、この退行系の催眠療法「前世療法」で希死念慮に対して効果を上げることができるのです。

(関連記事:ベレッツアのヒプノセラピーは前世体験の資格が取れる催眠療法

 

まとめ

以上、「時間を退行する催眠療法とは、逃げたい・消えたい・死にたい時の対処法」をお伝えしました。

希死念慮をはじめ、以前は平気だったのに、今は、その想いに囚われているという時は、あなたの無意識に何かの楔が撃ち込まれてます。

 

だから、その希死念慮のくさびを引き抜き、正常な状態へと戻すことができる方法が、過去の記憶、その無意識にアプローチできる退行系の催眠療法。

また、あなたしかその意味的なつながり、意味ネットワークはあなたが作り上げた記憶のイメージであり、あなたしか知らない世界。

 

だから、あなた自身の内面、無意識に直接触れていくことができる催眠療法、ヒプノセラピーがこの希死念慮を効果的な結果を出すのに最適な対策であり、最良の方法なのです。

(関連記事:ヒプノセラピーの効果とは!前世体験ができる催眠療法の秘密

Pocket

クライアントを引き寄せる魅力あるヒプノセラピストになる方法

心を閉ざし続けていた引きこもり人間が、
なぜ、顧客満足度94.1%の
実力派ヒプノセラピストになれたのか

ブログランキング参加中。

あなたの一票がこの記事を拡散させる原動力に!
下のリンクボタンをクリックして、
正しい心理学の知識を多くの人へ伝えませんか?
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です