催眠はあなたのすぐ隣りにある。

Pocket

こんばんは

催眠を心理学で科学する「催眠心理学」

ヒプノセラピー、催眠療法の高橋です。

 

先ほど、催眠って何ですか?と聞かれました。

 

催眠や心理学は人類が始まってからの歴史がありますが、

本格的に学問として研究され始めてからはまだ100年少々と日が浅いのです。

だから、経験則としては多くの物があるのですが、

理論としてはまだまだ開発段階です。

なので、100%理解することは非情に大変なので、

一言で言います。

 

催眠
「あなたによるあなた自身の完全なコントロール」

 

となるのですが、よくわかりませんよね。

ということで、ちょっと、催眠について触れてみたいと思います。

催眠って聞いて貴方が思い浮かべるものは?

あなたは、「催眠」ってどんなイメージを持っていますか?

こんな感じ?

それともこんな感じ?

催眠術ショーではこんなこともしていますよね。

 

みなさん、いろいろイメージがあるのではないでしょうか。

 

サルになり切ってしまったり、

犬の真似をして走り回ったり、

眠れと言われてガクッと落ちるように眠ったり。

 

今挙げたイメージは

半分正解で半分間違いです。

 

催眠は自分自身を完全にコントロールすることなんです。

決して、サルになる事でも、眠る事でも、人間橋になる事でもありません。

 

催眠術者が何と言おうと、あなたが嫌なら、

サルになることも拒否できるし、

眠らず意識をはっきりさせることもできるし、

筋肉に力を入れず、人間橋にならないこともできます。

 

では、なぜ、テレビなどでショーとして行われている催眠は

このようなことが起こるのでしょうか。

 

これは、催眠のなかで行われる、「暗示」が効果を表しているのです。

催眠状態に入り、

「サルになる」「眠る」「身体が固くなる」と言われて暗示を与えられます。

で、

「サルにならねば!」とか、

「眠ってしまう!」とか、

「身体が固まった!」とか、

出演者の無意識(または、意識)信じてしまって、

その通りにやってしまうのです。

 

スマホやiPhoneだけでは単なる電話であるように、

催眠自体は究極のリラックスを得るだけのプラットフォームです。

 

暗示とは、意識の盾である「クリティカルファキュリテイ」を取り去り、

あなたの根本をなす無意識に語りかけることです。

意識と無意識についてよくわからなければ、こちらにまとめているので、参考にしてください。

催眠術で操作する無意識と意識の真実

 

で、意識と無意識を隔てる「クリティカルファキュリテイ」をとりさってしまう、

「催眠」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

今回はその「催眠」について考えてみたいと思います。

催眠ってどんな感じ?

唐突ですが、

あなたは「梅干し」を知っていますか?

あの、

丸くて、赤くて、ちょっとしわくちゃな梅干しです。

もし知っているなら、想像してみてください。

昔からの作り方で作られたしそ漬けの梅干。

ちょっと塩辛そうだけど、なんか懐かしい梅干し。

太陽の光をいっぱい受けるため、数日ひっくり返されながら、天日干しをされる梅干し。

・・・

・・・・・

・・・・・・・・

どうですか?想像できましたか?

恐らく、ほとんどの人が

を想像できたのではないでしょうか。

想像できた人の中には、口の中が、とても酸っぱくなった人がいるかもしれません。

また、梅干しのにおいが漂ってきた人もいるかもしれません。

ですが、

あなたの前には、梅干しはないはずです。

そして、

酸っぱくなるのを想像てほしいとも、

梅干しの臭いを想像してほしいとも

言っていませんよね。

だから、本当であれば、酸っぱくもないし、においもしないはずなのです。

 

でも、あなたは、梅干しを感じることができた。

これが、催眠なんです。

あなたが、あなたをコントロールした結果、ここにない梅干しを感じることができたんです。

 

催眠状態って、どんな状態?

ヒプノセラピストなど、催眠を使う人で催眠状態のことを

「トランス状態」という人もいます。

トランス状態っていう名前を聞くと

とても非日常的で、イっちゃってるような、特殊で危ない感じを受けますが、

実はそうではありません。

あなたがいつも経験している状態なのです。

 

あなたは、テレビを見ている時に、

周りから声をかけられたけど、気付かなかった。

という経験、ありますよね。

テレビの音にかき消されているわけでもないのに、全く聞こえないんです。

これは、あなたが、「集中」しているから起こります。

この「集中」もトランス状態が生み出しているのです。

 

また、ドライブしている時もそうですね。

車の運転をしていると周りを見ているはずだけど、すれ違った車なんて、全く覚えていないですよね。

信号で止まって、目の前を歩行者が横断したとしてもどんな人が通ったか覚えていない。

さっきの道を時速何キロで通過したかも覚えていない。

運転している時は、全て見ているはずですよね。

また、1人で運転している時、大声で歌うことってありませんか?

その歌っている時って、気分がいつもより、高揚していると思います。

それも催眠状態なんですよね。

 

映画館で椅子に座って映画を見ますよね。

でも、いつの間にか、映画にどっぷりつかって、

いつの間にか、映画の中の主人公になっていたりしますよね。

本当は、椅子に座ってみているだけなのに、

椅子に座っている事すら忘れてしまいます。

 

このような状態が、催眠状態、トランス状態なんです。

 

催眠は特別なものではありません。

あなたの身の回りに催眠はいつでもあるのです。

 

「催眠は、あなたの集中を高めるもの」

 

「催眠は、あなたがあなたをコントロールするもの」

 

「催眠は、あなたをリラックスさせるもの」

 

これを自己催眠に応用すれば、

自分の望む自分になることが自分できることは分かりますよね。

 

これからは、催眠を忌避するのではなく、

あなたの力の一つとして役立ててみてくださいね。

 

 ベレッツア 高橋

 

追伸

 ベレッツアのホームページをリニューアルしているのですが、

分からないことだらけで、四苦八苦しています。

HPやフェイスブックなど、

完成することはないですよね。

いつも、投稿し続け、改良し続け、広報し続けています。

でも、少しでも、多くの人に、催眠を知ってもらえるなら、

これ以上の喜びはありません。

上手く利用すれば、幸せな人生を切り開くこれ以上ない素晴らしいツールですから。

 

あなたの人生が今日よりも、明日と、さらに良くなっていくことを祈っています。

 

**********************

LINE始めました。

LINE限定で特別な情報を流しています。

催眠に興味があるそこのあなた、ぜひ登録を!

ベレッツアLINE ID @tnb3964x

友だち追加

 

**********************

Bellezza

 ホームページ https://bellezza-h.jimdo.com/

 メールアドレス bellezza.hyp@gmail.com

 フェイスブック @bellezza.h

 ツイッター  @0i66gJBBnrxMTwo

***********************

Pocket

ブログランキング参加中。この記事が良かったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

アンケートにご協力お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です