人為的に嫌な全ての記憶を消す方法!トラウマ克服方法ヒプノセラピー

Pocket

こんにちは。

催眠を心理学で科学する「催眠心理学」

神戸ヒプノセラピー、催眠療法ベレッツアです。

 

さて、あなたは、忘れてしまいたい嫌な記憶・トラウマなどはありますか?

人は、生死の問題にかかわったり、死ぬかもしれないようなとても怖い出来事や、本気で信用していた相手に裏切られたりすると全ての記憶を消したいと思うようになります。

 

このようなあなたの嫌な思い出を、全ての記憶を消す方法があるのでしょうか。

実はその答えは、ヒプノセラピーが知っています

 

人為的に嫌な全ての記憶を消す方法があるのなら、いったいどのような方法なのでしょうか。

そして、その答えを知っているのがヒプノセラピーなら、簡単に、トラウマを克服できる方法になると思いませんか?

 

人間の記憶とは

さて、あなたのこころの中に残っている記憶、楽しかった思い出、苦しかった経験、消し去りたい過去などを振り返ってみましょう

普段は忘れているような記憶でも、ひとたび何かのきっかけがあると、噴水のように湧き上がってきます。

 

これらの人間の記憶のメカニズムとは一体どのようになっているのでしょうか。

その色々な人間の記憶について、まずは見ていくことにしましょう。

 

記憶がある場所

それでは、記憶がある場所についてお話していきましょう。

最初に少し考えてみて欲しいのですが、あなたの記憶はどこにあるとあなたは思いますか?

 

恐らく、人間の記憶は脳の中にしまっているのだろう

とか

胸の奥底じゃないかな?

とかいった声が聞こえてきそうですね。

 

この記憶がある場所を「記憶の座」というのですが、その記憶の座は、実は、脳の海馬という部分の中に蓄えられ、その後整理整頓されながら大脳皮質にしまわれていくのです。

あなた自身の感覚としては、その記憶は脳にあるというより、あなたのこころの中にあるように感じられるでしょう。

 

そして、そのこころの中には、あなたの表面に出てきている意識と、潜在意識である無意識とがあります。

今考えている事やすぐ忘れてしまうようなことは、意識の部分で覚えているのですが、いつまでも忘れられないような記憶は、無意識の領域に格納されています。

 

この意識と無意識の関係は、パソコンのメモリとハードディスクの関係。

少しだけ覚えておけばいい記憶は、メモリである意識上で処理されるのですがすぐに忘れてしまいます。

 

ですが、忘れられないような記憶は、ハードドライブに取り込まれた情報。

普段は心の奥底に隠れており、すぐには出てきませんが、思い起こすきっかけができるとすぐに意識に現れます。

 

また、無意識に取り込まれた記憶は、あなたの人格や性格を作り上げていく情報源。

なぜなら、深く深刻な考え事をしたり、じっくりと内容を吟味するようなときは、普段使わずに無意識に格納されている記憶をたどることになるからです。

 

あなたこころの奥深くにしまわれた記憶は、その周囲の記憶とともにあなたの意識に浮かび上がってくる

例えば、「海」を思い出すと同時に、子供の時に親と一緒に楽しく波打ち際で遊んだ記憶も一緒に思い出すように。

 

そうなると海は楽しいものだというあなたの信念になるのです。

逆に、溺れた人を見た記憶や最愛の彼女と別れた記憶があれば、「海」=冷たい、悲しい、恐ろしいといったあなたの考えが作られることになる。

 

普段はあなたの無意識の奥にしまわれているいろいろな情報が芋づる式に浮かび上がるから、無意識にとどめられている記憶は、あなたの人格や性格になるのです。

(関連記事:なぜ、今、ヒプノセラピー(催眠療法)なのか。

 

記憶の流れ、認知機能とは

それでは記憶はどのようにされているのかについてお話ししましょう。

記憶の一連の流れは、心理学的には「認知機能」といいます。その認知機能の流れは次のとおり。

認知機能の3つの流れ

  • 見たり聞いたりした情報をあなたの意識に取り込む「記銘」
  • 記銘されたその情報を記憶し覚えておく「保持」
  • その保持された記憶を思い出して意識レベルに引き上げてくる「想起」

 

記憶は、認知機能であるこの「記銘」、「保持」、「想起」の段階を経て思い出されるのです。

 

記憶の種類

さて、記憶の種類もすぐ忘れる記憶やいつまでも覚えている記憶など多くの種類があります。

記憶と簡単に片づけてしまいがちですが、その種類を見ていくと、実に様々な記憶があることに気づきます。

 

その記憶の種類は、いくつかの分類方法がある尾ですが、心理学の分類に従って紹介します。

まず、目や耳、鼻や口、手触りなど感覚的な記憶については、感覚記憶としてあなたに認識される。

 

ですが、感覚記憶のほとんどは、不要な情報として切り捨てられ、忘れられます。

その中でも、あなたが必要なものとして注意を向けられた感覚記憶は、短期記憶としてあなたの意識に残ります。

 

そして、短期記憶の中でも、本当に強烈な印象付けをされたものが、長期記憶としてあなたのこころのハードディスク、無意識に蓄えられていくのです。

短期記憶は、何度も繰り返して思い出したり他の情報と関連付けておいたりすると、いつまでも忘れられない長期記憶になりやすいという特性を持っています。

 

また記憶の内容による分類では、自転車に乗ったり泳いだりする言葉に表しにくい記憶は手続き記憶、単純な知識である意味記憶とあなたの体験などに紐づいたエピソード記憶があります。

手続き記憶やエピソード記憶は一度記憶すると、なかなか忘れにくい長期記憶に分類されます。

 

全ての記憶を消す方法を知りたくなるような記憶は、長期記憶として保存されています。

だから、全ての記憶を消す方法は、かなり難しいと言えるでしょう。

 

記憶を呼び起こすシステム、意味ネットワーク

記憶を呼び起こす認知機能を早期ということはお話ししましたが、その時に使われるシステムが、意味ネットワーク。

この意味ネットワークとは、関連付けられた記憶がついになって思い出されてしまうというもの。

 

例えば、小さい時に親に殴られて育ってとても怖かったとします。

そんな時は、大人を見るとその怖かった時のことを思い出すかもしれませんし、その時にあった家具や部屋、薄暗い雰囲気やご飯の臭いなどにも反応して思い出すこともあります。

 

だから、全ての記憶を消す方法を知り、自分の意味ネットワークを活性化させたくないというように、無意識が働くから、あなたはあなたが持っている全ての記憶を消す方法を知りたくなる

それでは、この全ての記憶を消す方法は、どのようにすれば、人為的にできるのでしょうか。

 

人為的に嫌な全ての記憶を消す方法

人為的に全ての記憶を消す方法は、ありません。

なぜなら、記憶をすべて消してしまうと、あなたは何も覚えていない代わりに、何も話せないし、何もできない、手を動かすことも、ご飯を食べることすらできなくなる。

 

あなたが大人の人間である以上、全ての記憶を消す方法は現実的にあったとしても、それを教えることはできないし実行することは不可能なのです。

そのかわり、一部の記憶を塗り替えることは可能。

 

その方法は、トラウマに結びつく意味ネットワークのきずなを断ち切り、新しいネットワークを作り上げればいいのです。

(関連記事:死生観の意味とは!生死観ではなく死生観であることには理由があった

 

トラウマを克服する方法

トラウマは、そのトラウマがあなたのこころに根付いた原因があります。

だから、トラウマを克服する方法はその原因をトラウマに結びつけるのではなく、また別の、ポジティブなものに結び付ければいい

 

そうすると、その原因が想起されてもネガティブなトラウマは深層心理の中に眠ったままになる。

トラウマ自身は、長期記憶となっているため、なかなか取り去ることは難しく、ほぼ不可能。

 

ですが、そのトラウマをトラウマではなくしてしまうことはできる。

そのトラウマを克服する方法が催眠術をつかうヒプノセラピーであり、催眠療法なのです。

(関連記事:記憶のメカニズムを心理学で解明する。~記憶の種類とは~

 

ヒプノセラピーが全ての記憶を消す方法になる理由

なぜヒプノセラピーが全ての記憶を消す方法になり得るのか。

その理由は、催眠と暗示によって、無意識の中に作り上げられた意味ネットワークを書き換えることができるから。

 

あなたが手放したいと思っているトラウマに結びつけられた多くの長期記憶を別のつながりとしてつなげていけばいい。

それができるのが催眠術であり、暗示であり、ヒプノセラピーです。

(関連記事:ヒプノセラピー(催眠療法)とは

 

まとめ

以上、「人為的に嫌な全ての記憶を消す方法!トラウマ克服方法ヒプノセラピー」についてお伝えしました。

結局のところ、全ての記憶を消す方法とは、あなたに不要なトラウマや恐怖体験などの不要な記憶を思い出さないようにすること。

 

だからこそ、意味ネットワークの組み換えが必要だし、根本の原因となった出来事の意味付けを変えていく必要があるのです。

それができるのがヒプノセラピー・催眠療法。あなたが必要とする時には、この心理カウンセリングの方法が大きな力となるでしょう。

 

神戸ヒプノセラピー 催眠療法ベレッツア

(関連記事:あなたの脳と心に働きかける最強の心理カウンセリング ~ヒプノセラピー~ 催眠療法のススメ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です