ASMRはリラックスしよく眠れる方法?ASMRの読み方と意味とは

Pocket

こんにちは。

神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアです。

 

ASMRでリラックスしてよく眠れるという話を聞いたことはありませんか?

ASMRの読み方と意味とはどんなものなのか、なぜ、リラックスできて、よく眠れるようになるのかを見ていきましょう。

 

ASMRの読み方とは

ASMRの読み方はいくつかあります。

一番よく使われる読み方は、「エーエスエムアール」とそのままの読み方。

 

他には、「アスマー」とか、「アズマー」とか呼ぶ人もいます。

ユーチューブなどでASMRで音声や動画を投稿している人をASMRist、アスマーリストと呼んでいることもあります。

 

ASMRの意味とは

ASMRとは、Autonomous Sensory Meridian Responseの略。

ASMRを日本語に訳すと、自律感覚絶頂反応。

 

なんかもっともらしい言葉で、臨床心理学的な言葉に聞こえます。

ですが、開発された当初は、心理学や脳科学などの研究から生まれたのではなく、こんなものを作ってみましたというレベルから生まれました。

 

日本語に訳してもよくわからないこのASMRの意味とは、心地よい感覚とか気持ちいい快感といった感覚が音を聴いたり映像を見たりすることで反応として出ること。

自発的に可能的な感覚を生み出す反応が現れてくるのです。

 

音声、映像でよく使われている音の技術で、その音を聞くと、まるでその場にいるような臨場感あふれる音として聞くことができる技術。

ASMRはMacやiPhoneで有名なアップル社も使っている技術でユーチューバーなどにも利用されるようになりました。

 

ASMRが臨場感あふれる音声になる理由は、その録音するための集音マイクにあります。

集音マイクは人間の耳に見立てたマイクで、左右両方のステレオタイプのマイク。

そのマイクの構造が変わっていて、広い角度から音を集めるのではなく、耳の形状を模擬した経路を持っているマイクの構造をしています。

だから、音の反射や吸収の具合が実際に耳に届いた状況で録音されるのでその音を聞くと臨場感あふれる音になるのです。

 

ASMRが使われる目的は、7~8割が睡眠導入の補助とストレス軽減のために使われています。

性的な興奮を起こすために使われているものは5%程度という報告もありますが、中国ではASMRの動画を低俗なポルノコンテンツとみなして動画音声配信サイトから削除されていますので、性的な使い方が広まっているとみることもできるでしょう。

(関連記事:心理学が科学である理由とは

 

ASMRによる反応の程度は人によって違う。

ASMRは感情を自律的、自主的、あなたが引き起こすものなので、その効果は人によって異なります

例えば、クラシックで落ち着く人もいれば、EDMを聴くことで落ち着く人もいる。

 

どんなものが好きかということは、人によって様々。

だから、ASMRも起きる反応は人によって異なります。

 

自然の音を聞いて落ち着く人もいるし、雨が落ちる音などまどろっこしく感じてイライラしてしまい、じっくりと聴くことができない人もいるでしょう。

このように、ASMRで起きる反応は人によって違ってくるので、あなたにピッタリ合ったASMRを見つけることがポイントです。

(関連記事:心理カウンセリングって効果があるの?セラピストが悩みを解決する理由とは

 

ASMRでリラックスしてよく眠れる理由

このASMRで作られた音声は、とてもリラックスできるし、良質な眠りにつくことができると言われます。

科学的根拠はなく、実際にはその効果を証明されていませんが、大学や研究所などでASMRの効果について研究されているのは確か。

 

慶応技術大学では、身体や情動に訴えかけるセンシュアルな音響質感メディアの研究が行われ、発表されています。

科学的にも、証明しようとする動きが進んでいるのは確かなこと。

(関連記事:催眠術はかけ方次第で眠くなる!眠れない時に催眠術で眠くなる方法

 

ASMRは意識の混乱を引き起こす

そんなASMRで作られた音声を聴くことでリラックスしてよく眠れるようになる理由は、意識の混乱にあります。

あたかも、その場で体験しているかのような錯覚を起こすことから、本当にはないことを現実と認識するため、ASMRを聴くことで、意識の混乱が起きる

 

処理能力を超えて混乱した意識は、考えることをやめてしまい、無意識という本脳が表面に出てくるのです。

意識の混乱は、生物としての本能を呼び起こす効果があります。

 

この良い例が、車を運転すると人の性格が変わるというもの。

車を運転するには、いろいろなことを見て、聞いて、考えて、判断しなければなりません。

 

だから、運転することで自分の持っている意識の能力を超えてしまった時、その人が持っている本能に刻みこまれた本性が現れる。

だから、運転すると今までの猫を被っていた部分が剥がれ落ち、荒い言葉遣いをしたり、自分勝手に走行したりする人が多くなるということなのです。

 

ASMRを聴くことでリラックスできてよく眠れるようになる

ASMRは意識の混乱をまねき、本能を呼び起こします。

本能の中には、食欲、性欲、排泄欲などの生命体を維持する活動のモチベーションとなる欲望のほかに、睡眠欲という欲望が存在します。

 

この睡眠欲があるおかげで、人は眠ることができ、身体の機能を維持することができるのです。

ですが、いら立ちや興奮、感情的になっている時などは、眠ることができない時もあるでしょう。

 

こんなときには、ASMRで思考能力を超えて意識を混乱させると、考えることをやめることにつながる。

だから、ASMRを聴くことで怒りやいら立ち、むかつきや興奮を手放してリラックスすることができるのです。

 

リラックスの先にあるのは、睡眠。

催眠療法でもリラックスすると、寝てしまう人がいますが、究極的なリラックスは睡眠につながるといえるでしょう。

(関連記事:マズローの欲求5段階説。人間性心理学から生まれた自己実現の方法

 

寝ないと身体機能が低下し死に至る。

この睡眠欲とは、眠りにつきたいという欲望で、身体の各組織を休め、次に活動するためのエネルギーを充填していくために必要なこと。

この睡眠欲がなく、眠らずに264時間置き続けていると、その後体の機能が徐々に低下し死に至るのです。

 

また、ペンシルバニア大学とワシントン州立大学で睡眠について行われた実験があります。

1日平均7~8時間寝ている健康な男女を48人集め、3日間眠らずに過ごすグループと4時間睡眠、6時間睡眠、8時間睡眠を取るグループの4つのグループでの実験です。

 

結果は、4時間と6時間睡眠のグループの身体機能、能力が徐々に低下しました。

2週間後には、6時間睡眠のグループが2日間徹夜のグループのレベルまで身体機能が落ちたのです。

 

この身体能力、判断能力の低下は、徐々にあらわれ、自分で気付くことはできません。

だから、科学的根拠のないASMRとはいえど、実際にリラックスできて良質な睡眠に結びつくなら利用してもいいのではないでしょうか。

 

リラックスも、その先にある睡眠も生物にとって大切なこと

そのために利用できるものがASMRです。

(関連記事:催眠音声をワイヤレスイヤホンで聞くあなたへ。その秘密はダブルバインドにあり)

 

まとめ

以上、「ASMRでリラックスしてよく眠れる?ASMRの読み方と意味とは」をお伝えしました。

ASMRは、実際には個人差があるもので、全ての人にリラックス効果が現れるわけではありませんが、実際にその効果が起きる人がいるのも確かなこと。

 

風邪をひいた時に飲む薬も効く時もあれば効かない時もある。

この世には誰にでも効く万能薬は存在しないけれど、あなたに効く薬は存在するのです。

(関連記事:催眠心理学とアーユルヴェーダ!ヴァータ、カパ、ピッタの診断はこちら

Pocket

クライアントを引き寄せる魅力あるヒプノセラピストになる方法

心を閉ざし続けていた引きこもり人間が、
なぜ、顧客満足度94.1%の
実力派ヒプノセラピストになれたのか

ブログランキング参加中。

あなたの一票がこの記事を拡散させる原動力に!
下のリンクボタンをクリックして、
正しい心理学の知識を多くの人へ伝えませんか?
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です