田部井淳子という登山家はアンナプルナ、エベレストを制覇した日本人

Pocket

こんにちは。

神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアです。

 

日本には田部井淳子という世界的に有名な登山家がいました。

田部井淳子さんとはアンナプルナを制覇しその後7大陸最高峰を世界で初めて制覇した女性。日本人であり、女性として世界に誇れる素晴らしい偉業を達成した人です。

 

田部井淳子さんは世界で初めての記録を持つ世界的登山家の一人なのです。

そんな田部井淳子さんの山登りにかける想い、彼女の一生は、あなたの人生に役立つことがあるかもしれません。

 

田部井淳子という登山家は女性初のアンナプルナやエベレストを制覇した日本人

出典:田部井淳子ホームページhttp://junko-tabei.jp

田部井淳子さんは昭和14年9月22日に福島県に生まれました。

田部井淳子さんが山の魅力にはじめて出会ったのは小学四年生の時に担任の先生に連れられて登った那須の茶臼岳。感激の連続だったらしく、そのころから登山家としての意識が芽生えていたのかもしれません。

 

大学卒業後、社会人になってから山岳会に所属して本格的に登山活動を始めます。

そして、女子だけで海外遠征をするという目標をもち、女子登攀クラブを1969年に設立した翌年、アンナプルナⅢ峰の登頂に女の人だけのチームで成功したのです。

 

1975年にエベレストの初登頂に成功し、世界初の女性登頂成功者となりました。

ついで、1992年、1988年にマッキンリー、1991年に南極大陸の5000m近くのピンソンマシフ、ヨーロッパとアジアの境界線エルブルスト山に盗聴を成功し、世界初の女性七大陸最高峰登頂者となったのです。

 

田部井淳子さんの死因

田部井淳子さん 出典:田部井淳子基金

田部井淳子さんの死因は腹膜癌

2016年10月20日に亡くなっています。

 

その直前には、体力の低下や治療による反動で足をあげるのも辛かったおh度なのに、富士登山に参加したりしています。

田部井淳子さんの一生は、最後まで登山に尽くした人生だったといえるでしょう。

 

田部井淳子さんの受賞経歴

田部井淳子さんは登山家としての経験を認められて、数々の賞を受賞しています。

そんな田部井淳子さんの受領歴は次の通り。

田部井淳子さんの受賞歴

  • グルカ・ダクシン・バフ賞(1975)
  • スポーツ功労顕彰(1975,1992)
  • 日本スポーツ賞(1975)
  • 朝日体育賞(1975)
  • エイボンスポーツ賞(1988)
  • スノーレオパード賞(1995)※当時女性最年長[1]
  • NHK放送文化賞(2009)
  • 第1回ネパール社会貢献者表彰(2018)

 

癌で亡くなった後も、ネパールから表彰されるほどの世界的な偉業を成し遂げた人

そんな女性登山家が田部井淳子さんなのです。

 

田部井淳子さん関係の本

田部井淳子さん関係の本は登山家でもあるかたわら、本も出版していました。

そんな田部井淳子さんの本を紹介します。

 

『HONOURING HIGH PLACES』 2017年 / Rocky Mountain Books

田部井淳子さんの回想録をもとにその田部井淳子さんの物語とその事実に基づく考察を集めた本。

登山文化にとって、田部井淳子さんの感動的な人生はとても魅力的です。

 

田部井淳子さんのエベレスト登頂に関しての物語が中心に書かれており、とても深く感動的な物語。

英語で書かれた本ではありますが、家族、教育、登山をまとめた自然や山に関連する人生の価値に書き及んでいることは一読するのに値するでしょう。

 

『てっぺん 我が妻・田部井淳子の生き方』(田部井政伸・著) 2017年 / 宝島社

田部井淳子さんの夫、田部井政伸さんが書いた本。

田部井淳子さんが亡くなるまでその生き方を誰よりも一番近い場所で見続けてきた田部井政伸さんの目から見た田部井淳子さん。

 

エベレスト登頂中の田部井淳子さんとの手紙のやり取りや田部井淳子さんの学生時代の日記や田部井政伸さんに宛てて書かれた手紙も公開。

世界で初めて女性としてアンナプルナ、エベレスト、そして世界七大陸最高峰を制覇した田部井淳子さんの姿がありありと描かれている一冊です。

 

『再発!それでもわたしは山に登る』 2016年 / 文藝春秋

田部井淳子さんが自分で書き綴った一冊。

ガンという病と闘いながら登山も続けていたその記録です。

 

ガンに犯されながらも明るく前向きに人生を楽しんできた田部井淳子さんの人生はどのようなものだったのでしょうか。

信仰するガンという病に打つ手はないとわかりつつも、来年の予定まで立てていた田部井淳子さんの生きざまについて書かれている一冊です。

 

『それでもわたしは山に登る』 2016年 / 文春文庫

苦しいのに、なぜ山に登るのか。

つらいのに、なぜがんと闘うのか。

 

山に登ることに関して世界的な見識を持つ田部井淳子さんががんという壁に向かって突き進むことの真意が綴られています。

薬の副作用で足をあげるのもつらいのに、山に登り続けた田部井淳子さんの山に対する思いはどのようなものなのでしょうか。

 

『私には山がある~大きな愛に包まれて』 2015年 / PHP研究所

小学四年生にして那須の茶臼岳に登頂を果たし感動の連続だった田部井淳子さん。

田部井淳子さんはじつは体育が苦手という信じられない事実の裏側には昇れば頂上にたどり着くという真実があります。

 

青春時代に体験した挫折も山に救われたことがその考えにたどり着いた一因だったのでしょう。

山に登り続けること、前に進みつづけることで、目的地である頂上にたどり着ける、そんな人生の道程にも似た登山について感動的な話とともに伝わってくる一冊です。

 

『山の単語帳』 2012年 / 世界文化社

田部井淳子さんが日本の山の自然や起床、動植物から、登山に関する道具や施設、登山という行為に至るまで山にまつわることを集めた山の単語帳。

登山の初心者からベテランまで登山が好きなら知っておきたいことが山のように掲載されています。

 

日本語だけでなく、英語やドイツ語、フランス語などが入り混じっているところも、田部井淳子さんの経歴が滲みだしているところ。

キレイな写真も豊富なので、見ているだけでも楽しめる一冊です。

 

『タベイさん、頂上だよ~田部井淳子の山登り半生記』 2012年 / ヤマケイ文庫

アンナプルナ、エベレストへと上り詰めた田部井淳子さん。前半がアンナプルナⅢ峰への登山、後半がエベレスト8848mへの登山について書かれています。

白い山に憧れて憑りつかれたように山登りを続けた青春時代から、結婚して母となっても夢を追い続けていた田部井淳子さん。

 

その継続した思いがあって、世界最高峰に女性として初めての登頂に成功したのです。

そのエベレスト登頂までの田部井淳子さんの半生が書かれた本です。

 

アンナプルナ―女の戦い7577m 1973年 / 女子登攀クラブ

ネパールの高い山に登りたいという人や本格的な登山をしたいという女性に向けて書かれた本。

女性だけの登山グループで副隊長としてエベレストを制覇した田部井淳子さんは登山の本質的なものだけでなく、人間関係の問題にも遭遇します。

 

命を懸けた登山だからこそ、その判断は熾烈なものであり、のほほんと日常生活を送っている人では、体験できない世界。

女の戦いとありますが、女性だからというわけではない、極限状態が強い精神力を創り出すという構図を見ることができる一冊です。

 

まとめ

以上、「田部井淳子という登山家はアンナプルナを制覇した日本人」をお伝えしました。

田部井淳子さんの一生は、登山に尽くした人生であり、その一貫した想いはがんという困難な状況にも耐えうる精神力を与えます。

 

催眠療法、ヒプノセラピーは、あなたの信念にパワーを与え強くしていく方法。

田部井淳子さんの一生が教えてくれたものは、あなたの人生は身体の調子や持っている能力に縛られるものではなく、精神的な想いや信念こそが人生にとって重要な意味を持つということではないでしょうか。

(関連記事:催眠療法とは

Pocket

ブログランキング参加中。この記事が良かったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

アンケートにご協力お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です