本当のパワースポットに行くとどうなるのか!その効果と感じ方とは

Pocket

こんにちは。

神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアです。

 

人工的に作られたテーマパークのようなパワースポットから、ひっそりとたたずむ隠れたパワースポットまでパワースポットにもいろいろとあります。

偽物のパワースポットも多いようですが、本当のパワースポットに行くとどうなるのでしょうか。

 

本物のパワースポットの効果とか、その効果の感じ方とかはどんなものなのでしょうか。

はたして、本当のパワースポットとは、どんなものなのでしょうか。

 

本当のパワースポット

本当のパワースポットとは、霊力が高い場所。

霊とは、思念のことでいわゆる神的な思念が集まっている場所。

 

いわゆる高級霊に代表されるような力を持った霊が集まって力がみなぎっている場所のことです。

また、神社などは高級霊を超えた神的存在による霊の高まり、思念の集まりがあることになります。

 

海や川、山など、をはじめ、古い大木や大きな石など、アミニズム的な信仰観に裏付けられた場所が本当のパワースポット。

人工的に作られたものよりも自然物の方がパワーが宿りやすいですが、霊力の高い人が作った神社や寺、いつも霊力を高められている場所、例えば高野山や出雲大社などは本当のパワースポットと言えるでしょう。

 

ただ、金運を高める神社だといって、宝くじ売り場の人が作った神社のようなものはちょっと危険。

金儲けの思念が色濃く残っているので吸い取ってしまう負のパワーが強く、逆にあなたの思考力、思念、霊、パワーを吸い取られてしまうかもしれません。

 

本当のパワースポットの効果

本当のパワースポットの効果として挙げられることは、

本当のパワースポットの効果

  • なぜか心地いい
  • 気持ちがすっきりする。
  • すがすがしい気持ちになる。
  • 心が洗われ浄化する。
  • イヤなことを軽く感じる。
  • もやもやした気持ちをスッキリさせる。
  • 日常から解放される。
  • 何度も行きたくなる。
  • 急に呼ばれたように行きたくなる。
  • 言葉には表せない不思議な感じを受ける。
  • 行くつもりがなかったのに行くことになる。
  • パワースポットのパワーをもらって活力が湧く。

 

人によって、また、場所によって様々な効果がありますが、このようなことが一般的。

ただ、パワースポットと呼ばれるところでもあなたに合わないところがあります。

 

たとえば、鎌倉の銭洗弁財天は、霊力が高いだけ、その受け取る効果も大きく、水や風、空の属性を持っている人が行くと、とてもスッキリする感じを受けることができるはず。

ですが、火の属性を持っている人が水の属性の鎌倉の銭洗弁財天に行くとなんとなく暗くてじっとりとしたなんだか嫌な雰囲気を受けるのではないでしょうか。

 

ぴったりフィットすると感じることも、なんとなく性が合わないと感じることも人によって違います。

その指針がパワースポットとあなたの属性との関係です。

 

本当のパワースポットは、負の作用を生むわけではないと言われますが、火の属性を持った人が彼女に誘われて鎌倉の銭洗弁財天に行った後、なぜか縁切寺にたどり着いてしまい、その半年後に別れたそうです。

誰にでもこれが当てはまるわけではありませんが、なんとなく、嫌な雰囲気を受けたらあなたには合っていないパワースポットなのでしょう。

 

少なくとも、そのパワースポットが持つ効果は薄れてしまうかもしれません。

だから、その効果をよりよく発揮させるためにも、しっかりと相性を合わせておきたいものですね。

 

本当のパワースポットの感じ方

本当のパワースポットは、何かしら感じるものがあります。

ただし、属性があっていなければ、そのパワースポットの霊力の波長と合わず、気付かないことも多分にあります。

 

たとえば、有名人と街ですれ違ったとしても、あなたがほかのことを考えていると、そのすれ違いにすら気づかない。

でも、その有名人があなたの大好きな歌手だったら、コンサートで米粒くらいの大きさでもビシビシとその歌手の存在を感じることができるのではないでしょうか。

 

パワースポットもこれと同じ。

人それぞれ好き嫌いがあるので、友達があるパワースポットでビシビシとエネルギーを受け取ったとしても、あなたが同じようにそのパワースポットで霊力に触れることができるわけではないのです。

 

この指針になるのが、火、水、空、地、風の繭気属性(けんきぞくせい)という5つの属性の関係。と言われていますが、ちょっと待ってください。

この繭気属性はその算出方法が、誕生日と血液型を足すという手法なのですが、ちょっと疑問に思いませんか?

 

その繭気属性を算出するためにつかう誕生日は西暦です。日本の神社と西暦が合致するって、何かおかしくないですか?

それなら、まだ、五行思想の火、水、木、金、土の、相生、相克の関係の方が信ぴょう性があるのではないでしょうか。

 

本当のパワースポットに行くとどうなるのか

本当のパワースポットに行くとどうなるのかというと、とにかく気持ちいい。

マイナスイオンを全身に受け、パワースポットにある霊力で身も心も現れる感じを受けます。

 

熱いこともあり、冷たいこともあり、暖かいことも冷たいこともありますが、その雰囲気の中には凛とした空気が流れています。

「厳か」という言葉が一番ピッタリでしょう。

 

逆に、人工的に作られて金儲けの思念や立身出世の思念、欲にまみれたパワースポットだと、なんとなく生臭く、べたつく感じを受けます。

かゆくなったり、嫌な感じを受けるようなら、恐らくあなたに合っていないパワースポット。

 

そのパワースポットが本物であるかどうかはあまり関係がありません。

なんだか嫌な雰囲気を受ける場所は、あなたの心が警告を発している場所なので、できるだけ早くそこから立ち去ることをおすすめします。

 

また、まったく何も感じないところなら、あなたと全く波長が合っていない場所。

例えどれだけ有名人でもあなたが興味なければただの一般人であるように、どれだけパワーが強いスポットでも、あなたとは平行線をたどり交じり合わない別次元の場所なのです。

 

まとめ

 

 

以上、「本当のパワースポットに行くとどうなるのか!その効果の感じ方とは」をお伝えしました。

本当のパワースポットに行くとどうなるのかというと、何かしらあなたが感じるところがあるはず。

 

もし感じるところがなければ、そこは単に本物ではないパワースポットかあなたの世界と平行線の世界にあるパワースポット。

もし、あなたにとって必要なパワースポットなら、繭気属性など考えなくても自然にそのパワースポットに導かれていくもの。

 

あなたが、本当にパワースポットを必要とするならば、必ずあなたの波長に合うパワースポットが見つかるはず。

あなたの無意識、潜在意識が、そのパワースポットの波長と惹き合うはずなのです。

(関連記事:潜在意識とは。その仕組みと使い方

Pocket

ブログランキング参加中。この記事が良かったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

アンケートにご協力お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です