前世を見る方法は時間を退行する前世療法。前世の記憶に原因を探る

Pocket

こんにちは。

神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアです。

 

さて、前世を見る方法は時間を退行する前世療法といいましたが、なぜ、前世療法なら、時間を退行してさかのぼり、前世を見ることができるのでしょうか

 

そして、前世療法で前世の記憶を見ることでこころの闇にひそむ原因を探ることができるのはなぜなのか。

その理由を見ていきましょう。

(関連記事:ヒプノセラピーに効果はある?前世療法や退行催眠で効果が出る回数とは

 

前世を見る方法は時間を退行する前世療法とは

前世を見る方法を考えてみると、今の時点から時間軸をさかのぼることが一つの方法。

あなたの人生の時間軸をさかのぼるために、使われる方法が前世療法というブライアン・ワイス博士が編み出した催眠療法の技術なのです。

 

さて、ここで、疑問に思うことが一つ。

それは、あるかないかわからない前世、その前世にさかのぼるということはどういうことなのかということ。

 

これについては、前世の存在について議論する必要はありません。

あなたのこころの中に、あなたが前世だと思っている記憶があるのかないのかということが重要なのです。

 

もし、前世があるとしたら、あなたの前世はどんなものなのか。

その想像は誰にでもできる。

 

もし、想像できないということなら、あなたの意識は固定観念に縛り付けられてがんじがらめになっているということ。

なぜなら、「もしあるとすれば、」と仮定した上で、「想像してみてください。」といっているのです。

 

あなたの前世を思い出してくださいとはいっていない。

つまり、仮にあるとして想像するだけなら、誰にでもできるということなのです。

 

そして、仮にあるとすることもできない、想像することすらできないというのは、現実主義というより、単なるわがまま。

したくないからしないというだけの頑固で固定観念に縛られたその考え方を変えるところから始めないと、見たこともない上の人生のステージへの飛躍はあり得ないでしょう。

(関連記事:ベレッツアのヒプノセラピーで前世療法の資格が取れる催眠療法を体験

 

前世療法で前世の記憶を意識に昇らせることができる理由

前世療法とは、退行催眠の一連の流れで行われるものであなたの記憶の時間軸を移動させて心の問題にアプローチするというテクニック

そして幼児期や乳児期、胎児期にさかのぼる退行催眠において、その時間軸をさらに昔に戻すという作業になります。

 

この退行催眠で行われる仕組みは、あなたが求めたい答えに対する感情と近い状態の記憶を思い出すという方法。

例えば、あなたがどす黒い赤色をイメージを想像した時に、なぜだか恐怖を覚えるという問題があったとしましょう。

 

そのイメージとこころの原因は過去の出来事やあなたの記憶と深く結びついています。

これは、意味ネットワークという認知心理学で解明された理論でも証明できるでしょう。

 

人の記憶は、その出来事や物事と関係の深いと思うものとの間にネットワークがあります。

そのネットワークを通じてどす黒い赤色を見たら恐怖を思い出すという心理が働くのです。

 

この両者の間には、それをあなたのこころの中で結び付けた原因があるはず。

その原因はあなたの意識ではわからなくても、あなたの記憶の保管庫である無意識は知っています。

 

その無意識にこの両者の関係はなぜ結びついているのか問いただせば、あなたの無意識は答えてくれるのです。

これが、退行催眠の原理。

 

どす黒い赤色と恐怖の感情、そしてその間に眠る両者を結び付けた記憶。

退行催眠は、このどす黒い赤色と恐怖の感情を手掛かりに、時間を結び付けた瞬間に戻したと仮定して、あなたのこころの中に眠る記憶を呼び起こす方法。

 

この戻す瞬間を幼児期や胎児期ではなく、前世に答えを求め戻す瞬間を前世とした時、退行催眠が前世療法になるのです。

(関連記事:意味ネットワークとは。活性化拡散モデルと階層的ネットワークモデルの違い

 

なぜ、前世療法で心の問題の原因を見つけられるのか

あなたのこころの中は、記憶が充満していますが、それぞれにラベルがついています。

そのラベルを手掛かりに、舞台を前世にすえてあなたのどす黒い赤色という視覚情報と恐怖という感情、そしてそれを結び付けた記憶のストーリーを作り出すのです。

 

だから、この場面は、真実の前世であっても、あなたが作り上げた虚構の前世であって問題ありません。

つまり、前世が本当にあったとしても、無かったとしても問題はない。

 

結びつくストーリーが大切なのであり、その原因がなぜなのか知り、その原因を学びに変えていくことでこころの問題を昇華することができるのです。

前世が歩かないかはどうでもいいのです。前世に起こったとするシチュエーションとその結びつきをあなたが納得すればいいだけ。

 

ここで大切なポイントがそのストーリーを作り上げるのはあなたであること。

医師やセラピストがアドバイスして作り上げた世界はあなたのこころの問題と必ずしもピッタリと一致するとは限りません。

 

むしろ外れていることの方が多いと言えるでしょう。

それが、アドバイスを与えるコンサルティングではなく、コーチングであることが必要な理由。

 

前世療法であなたがたどり着いた前世は、あなた自身がぴったり合っている状況として記憶から呼び起こした世界なので、間違いようがありません

これが前世療法でこころの問題の原因を見つけ、学びに変えていくことができる理由なのです。

(関連記事:記憶のメカニズムを心理学で解明する。~記憶の種類とは~

 

まとめ

以上、「前世を見る方法は時間を退行する前世療法。前世の記憶に原因を探る」をお伝えしました。

前世療法では、前世があるのかないのかは関係なく、あなたが前世だと思ってイメージすることなので、あなたにとってその問題の論点がその前世の舞台なのです。

 

催眠療法は心の問題をあなたの人生における学びに変える心理療法

前世療法は、前世というステージを使ったそんな催眠療法のテクニックなのです。

(関連記事:ヒプノセラピー ~催眠療法のススメ~ あなたの脳と心に働きかける最強の心理カウンセリングとは

Pocket

ブログランキング参加中。この記事が良かったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

アンケートにご協力お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です