ヒプノセラピー後の変化とは。ヒプノセラピーで効果が生まれる理由

Pocket

こんにちは。

神戸ヒプノセラピー、催眠療法のベレッツアです。

 

あなたは、ヒプノセラピーを受けた後、いったいどのような変化が生まれるのでしょうか。

そして、もしヒプノセラピーで変化が起こるのなら、なぜ、そんな効果が生まれるのでしょうか。

 

ヒプノセラピー後の変化とはどんなもので、なぜ、ヒプノセラピーで効果が生まれるのかという理由についてお話していきます。

(関連記事:ヒプノセラピーの効果とは!前世体験ができる催眠療法の秘密

 

ヒプノセラピーとは

ヒプノセラピーとは、ヒプノーシス(Hypnosis)という眠りという意味の言葉と、セラピー(therapy)という療法という意味の単語がくっついたもの

ヒプノーシスとは、ヒプノとも呼ばれ、催眠という意味の英語。

 

ヒプノーシスという言葉の由来はギリシア語のhynosという眠るという意味の言葉が語源。

hypnosis、ヒプノーシスという言葉で催眠術とか、人為的な催眠状態という意味になります。

 

このhypnosisという言葉はもともと世間にあったのではなく、作られた言葉。

誰が作ったのかというと、ジェイムズ・ブレイドというスコットランドの外科医です。

 

1841年にマンチェスターでシャルル・ラフォンティーヌというメスメリズムを扱う動物磁気の興行を観てとても興味を持ったのです。

最初はトリックではないかと疑っていたのですが、その後の繰り返し見たり聞いたり、実際に実験したりして、メスメリズムの動物磁気がじつは、心理的で生理学的な現象であることを突き止め、証明しました。

 

彼が、メスメリズムの動物磁気にかかっている人を見て、眠っているような状態に見えることと、実際に動物磁気ではなく、暗示によって心理的な効果が生まれているということから、催眠状態hypnosisという言葉を創り出したのです。

この言葉を作ることによって、当時異端視されていたメスメリズムの動物磁気というオカルト的で非科学的なイメージを取り去ろうとしたのです。

 

また、このhipnosというのは、ギリシア神話に出てくる眠りの神様です。

ヘシオドスの神統記によると、ヒプノスは夜の女神ニュクスの子供で、夢という意味を持つオネイロスや死という意味を持つタナトスやモロスなどと兄弟です。

 

このように、ヒプノスとは眠りの神であり、そこから生まれたヒプノーシスという眠りという単語を寝ているような状態に見える催眠状態に充てたのです。

催眠状態とは、あなたの普段の意識レベルを低下させていった先にある状態のことで、その催眠状態を利用してこころの奥に眠る記憶に接触していく方法がヒプノセラピー

 

ここに、ヒプノセラピーで効果が生まれる理由があります。

その理由を見ていくことにしましょう。

(関連記事:ヒプノセラピーに効果はある?前世療法や退行催眠で効果が出る回数とは

 

ヒプノセラピーで効果が生まれる理由

怒りや悲しみ、恐怖と傷心そして罪悪感という5大ネガティブ感情とそしてあなたを制限している感情は、あなたの記憶が作り出します。

またトラウマにしても、嫌な気分にしても、心の傷にしても、それらを生み出したのは、あなたのこころであり、あなたの記憶や考えが作り出しているのです。

 

記憶とは、意味付けの連鎖によって成り立つことが心理学でわかっています。

たとえば、ものすごく怒りが沸き起こってむかつく相手がいたとします。

 

この時、あなたが怒りを覚える出来事とその相手とを怒りという感情が結びつけています。

もっと言えば、なぜ怒りを感じるのかというと、その怒りを感じる出来事があなたのこころの中でその出来事の価値判断が行われて「この出来事は、むかつく出来事である」と判断しているということ。

 

この時の価値判断はあなた自身の考え方であり、あなたが経験してきたことや見たり聞いたりして得た知識が判断基準になります。

この判断基準である記憶の意味付けを変えることができたらどうでしょうか。

 

怒りを感じる相手の行動がムカつくのであれば、なぜその行動にムカつくのか、そのムカつくと判断したあなたの記憶システムはどうなっているのかを知り、その判断する基準を変えるように、記憶の意味付けを変えていくのです。

そうすれば、あなたが同じ出来事に触れたとしても怒りを感じず、むかつく相手ににならないということ。

 

つまり、あなたのこころ、記憶に接触して、記憶に対する意味付けを変えていけば、5大ネガティブ感情にしても、トラウマにしても、心のブレーキになっている制限にしても変化を与えることができるのです。

これを行うために、ヒプノセラピーは催眠を使ってあなたの普段表に出てきている意識レベルを下げ、催眠状態という変性意識状態に導きます。

 

この状態はあなたの記憶に触れることができる状態であり、その記憶を、潜在意識といったり、無意識と呼んだりします

無意識レベルを表出させることによって、あなたの記憶の成り立ちを調べ、記憶の意味付けを変える、つまり、催眠状態を利用して意味ネットワークを再構築しようというのが、ヒプノセラピーなのです。

(関連記事:意味ネットワークとは。活性化拡散モデルと階層的ネットワークモデルの違い

 

ヒプノセラピー後の変化

あなたがヒプノセラピーを受けた後に起こる変化はまず第一にあなたの考え方が変化します。

ヒプノセラピーで、あなたの無意識に接触したあと、暗示を与えることで、あなたのこころが変わるのです。

 

例えば、禁煙や勉強などこれからやろうとしていることに対してやり遂げるための強い気持ちを持つことができます。

プラセボ効果に見られる効果を得られることもあります。

 

特に、心理的な原因による悩みや問題などの解決に向けて、変化を表すことができます。

これは、無意識に直接アプローチできるヒプノセラピーだからこそできること。

 

次に、ヒプノセラピーを行うための催眠誘導は、あなたの意識レベルを下げて、無意識に対する感度をあげていきます。

この時、ヒプノセラピーでは、あなたの体と心をリラックスさせてあなたの無意識にアプローチしていきます。

 

なので、ヒプノセラピー後の変化はからだとこころのリラックスがあるでしょう。

無意識に溜まっているわだかまりを解きほぐすことで、よどんでいた感情が一気に流れ出して浄化されることでもリラックス感は増大します。

 

そして、無意識とはあなたの記憶の倉庫。

その記憶にあることを、呼び起こすことができるのがヒプノセラピー

 

つまり、あなたがもう二度と会えないと思っている人にも会うことができるし、子供の時の体験を大人の目で見つめなおすことができるし、前世のあなたの記憶にも触れることができるのが、ヒプノセラピーなのです。

なぜなら、ヒプノセラピーはあなたの記憶に再び光を当て、あなたの意識レベルに挙げてくるための手法なのですから。

 

このように、ヒプノセラピーとは、あなたの記憶に刻み込まれた感情や、イメージ、価値判断基準を変えていく方法。

だから、ヒプノセラピー後の変化とは、あなたにスッキリとした解放感とリラックス、そして達成感を生み出すことができるでしょう。

(関連記事:ミルトン・エリクソンの心理療法は無意識に語りかける催眠療法

 

まとめ

以上、「ヒプノセラピー後の変化とは。ヒプノセラピーで効果が生まれる理由」についてお伝えしました。

ヒプノセラピーで効果が生まれる理由は、ヒプノセラピーが催眠を使って催眠状態に入ることで無意識に接触していく方法だから。

 

ヒプノセラピーを受けた後の変化とは、体と心の開放とリラックス。

そして、あなたの無意識の中に作り上げられた意味ネットワークにあなたにとって良い方向へ変化を与えることができるのが、ヒプノセラピーなのです。

(関連記事:ベレッツアのヒプノセラピーで前世療法の資格が取れる催眠療法を体験

Pocket

ブログランキング参加中。この記事が良かったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ

アンケートにご協力お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です